BLOG

Carecon2.0に向けて 取締役社長 大庭意史

株式会社 Carecon 2021.08.04

みなさんこんにちは!
株式会社Carecon取締役社長の大庭(おおば)と申します。

いつもCareconを応援いただきありがとうございます!

7月にホームページをリニューアルさせていただきましたが、これから定期的に、Careconや働くメンバーについてご紹介していければと思っています。今回は第一弾ということで、私が担当させていただきます。

私は2021年6月からCareconの社長に就任させていただきました。この文章を書いている時はようやく3ヶ月目に入ったところになります。

10年以上、銀行員として営業や人事セクションを担い、2020年の5月から、介護とITの融合を目指す親会社のインフィックに参画し、2021年2月からCareconの経営に関与しはじめました。

Careconの第一印象は、とにかく元気な社員が多いこと。

私も銀行員時代にあらゆる会社を見てきましたが、その中でも会社の勢いは群を抜いている印象があります。

これは、創業メンバーが大切にしてきた部分でもありますが、これ程までに経営ビジョンが全社全体に浸透している会社は珍しく、外からきた私はその勢いに圧倒されてしまいました。

もちろん、会社なのでルールもあり、全てを自由にできるわけではありません。どちらかというと、決めたことに対する実行力を備えた社員が多いのだと感じます。

そんなこともあり、今やCareconは、創業4期目にして150名ものエンジニアを抱える企業へと成長し、しっかりとスタートアップすることができたと思っています。

そして今、Careconが更なる成長を遂げるうえで非常に重要な期間に入ったと思っています。

Careconが成長するために、私の中では2点重要なポイントがあると考えています。

一点目は、エンジニアの育成体制を確立することです。これは、スタートアップ期を支えたエンジニアの多くがジュニアを卒業しミドルになりつつあります。各自のスキルアップはもちろんですが、これからのCareconを支える次世代のエンジニアの育成が重要だと考えており、ノウハウを伝承していくための仕組みづくりが必要であると考えております。

二点目は、組織体制の明確化です。メンバーをどんどん増やしていきたいですが、人数が増えると各自の立ち位置が徐々に見えづらくなってしまいます。これを解消するため、8月からエンジニアリング・営業・新規事業の3本柱で組織体制を一新しました。各部門にはミッションを明示し、部門長はチームメンバーに達成に向けたビジョンを共有しつつ自走する組織を作っていくことが狙いです。

当然、これらが全てではありませんが、まずはしっかり土台づくりをし、Carecon2.0を目指し試行錯誤を繰り返していきたいと思います。

Careconは、言ってみれば「人の人生を変える」ことができる会社です。

我々の成長が社会のためになるということを、メンバー全員と共有し、常にステップアップしていける企業を目指していきたいと思います。

本ブログをご覧の皆さま、引き続きCareconをご愛顧いただき、何か困ったことがありましたら、是非当社へご相談ください!!これからも、よろしくお願いいたします!!

- RECRUIT

採用

熱いパッションを持ったあなた
を待っています。

現在募集中の職種

エンジニア 営業 PR・広報